未経験から求人を見て、美容外科に転職しました

総合病院での勤務経験から分かったこと

総合病院での勤務経験から分かったこと仕事を長くしたいならまずは自分の体を大切に美容外科の華やかな雰囲気に惹かれ…仕事帰りの寄り道を楽しむ心と時間のゆとりが持てた

学校を卒業してからは看護師として総合病院で働いていましたが、度重なる夜勤や緊急の呼び出し、絶え間なく続く仕事に疲れを感じるようになりました。
学校を出てすぐの若い頃ならともかく、やはり夜勤が続く仕事だと疲れが錘のようにずっしりと体に溜まります。
この仕事を始める前までは夜勤シフトや毎日の忙しさなどは自分ならば乗り越えられると信じていましたが、実際に総合病院で働きだして数年経つうちに、自分にはもっとゆっくりとしたペースの仕事のほうが合っていると判るようになりました。
私の家庭は医療の携わる家族が多く、母や姉も看護師です。
母やもうベテランの婦長で、近所の病院に長年勤務中ですが、昼間だけの病院のため夜勤などはなく、体調を崩すことも少ないようです。
姉は私よりも遠方の総合病院にしばらく勤務した後、やはり夜勤と忙しさから体調を崩し、数年前にその病院を退職しました。
仕事が休みの日にこれからのことを何となく母と姉に相談したところ、この際思い切って総合病院を辞め、他の病院に勤務するのはどうかと薦められました。
病気で苦しむ患者さんに寄り添うことは自分の人生の目標でもありますし、仕事やお世話自体が嫌なわけではありません。